GooglePlayギフトカードを最高値で換金する2つのお金をつくる手段買取サイトと売買サイトを解説

GooglePlayギフトカードを最高値で換金する2つのお金をつくる手段買取サイトと売買サイトを解説

GooglePlayギフトカードを最高値で換金する2つのお金をつくる手段買取サイトと売買サイトを解説

グーグルプレイカードを高換金率で現金化する

多くの方から利用されているGooglePlayカードをGoogle Playストアで購入できるゲームや漫画などのデジタルコンテンツがダウンロードできます。

大勢の方が利用中のGooglePlayカードですが、必要ない場合や間違えて購入した、今すぐ現金が欲しいときなんていう事もありますよね。

必要ないとお考えの際はお金にしてしまった方がいいでしょう。

今回はグーグルプレイカードの現金化について、最もお得な現金の作り方についてお話ししていきます。

GooglePlayカードの現金化の手段は大きく分けて2種類

GooglePlayカードの現金化のやり方は何種類かありますがなるべく多くの金額をゲットできるかを考えると「買取サイトを利用」と「売買サイトを利用」の2択となります。

では買取サイトについてですが。

知っての通りGooglePlayカードを現金化してくれる

買取サイトはだいたい古物商の免許を取得して場合が多くそれぞれ買取サイトごとの換金率で換金が可能です。

年中無休24時間営業や即日入金が特徴的で、すぐに利用したい方や間違いなく現金を手にしたい場合の利用に向いています。

素晴らしい買取サイトを利用し場合の現金化までのフロー

申込の順序はとても簡単でおそらくどこも3つの順番ですべて終わり現金化されます。

買取の申し込み

利用したい買取サイトからギフト券買い取りの申し込み依頼をする。

GooglePlayコードを送る

GooglePlayギフトコード(16文字のデジタルコード)直接メールする。

入金があったかの確認

コード番号を知らせた後早い方だと20~30分くらいで自分の銀行口座にお金が振り込まれるのでネットバンクであればすぐに確認ができます。

買取サイトを使うデメリット

買取サイトでの換金方法は今一番楽に現金を手にできる方法ですが中には悪徳サイトと呼ばれる悪質な業者も存在しているので十分な警戒が必要です。

このような悪徳サイトを使ってしまうと、入金の直前になって手数料を引かれて振込まれた何回電話しても電話が繋がらず振込も確認できない

こんな被害に遭わないようにするためにも利用するサイトはしっかりと調べ、優良買取サイトを利用しましょう

売買サイトとは?

売買プラットフォームは、様々なオークションサイトやフリマサイトの様に、個人間売買を手助けするサイトです。

出品する金額はご自身で設定する必要がありますが購入者が現れないと現金化に時間がかかってしまいます。

時間がかかっても特に問題がない場合や特に高い換金率で試したいときに有効です。

売買サイトで出品した換金までのフロー

申込は簡単ですがおおまかには3ステップです。

アカウントを作る

売買サイトを使った現金化をおこなうにはアカウントを作る必要があるので、初めはユーザーアカウントが必需です。

必要事項の記入をして

登録が終わったら売買サイトの出品欄を探し出品したいGooglePlayカードを登録することが可能となります。

振込金額

出品されたGoogleplayギフト券が落札されたら成約確定は1時間程度でわかります。

落札者が決済してくれた段階で自動で自分の銀行口座に手続き不要で入金してくれるサイトもあれば1回づつ出金申請をやらせるサイトもあります

売買サイトのデメリット

売買仲介サイトは個人と個人の取引がメインのため金額が大きい取引になる様なケースは向いていません。

また、やり方が悪いと全く買取してもらえないこともあります。

あなたに合った買取手段を

現実的に便利で高換金率が実現できる現在、主流の2つの現金化の方法を解説していきましたがいかがでしたでしょうか?

換金スピードや振込時間電子ギフト券の金額や種類によりそれぞれ合う換金の仕方は異なります。

少しでも高く換金できるように自信のやりやすいやり方での換金方法を選択してください。

この記事の中の情報が参考になるならぜひ参考にしてみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。